Steve Roden "Striations" (KK031)
580b32149821cc975500eed7

Steve Roden "Striations" (KK031)

2,160 JPY

Free shipping

About other shipping cost

多くのミュージシャンから絶大なリスペクトを受ける米スティーブ・ロ デンによる音作品。彫刻家ヘンリー・ムーアの引用文を音へと変換(ジ ャケにあるのが譜面)した全1曲。ゆったりと反復するギター音が、ま るで波紋となって遠い彼方へと消えゆくような心地良さ。一方で、耳を 澄ませば記録された 石を叩く音など、無 数の小さな音が空間に広がって いきます。美術家ならではの斬新なアプローチが素敵です。 ♦「Striations」 スティーブ・ロデンによる作品解説 : 「本作は、私が以前製作したStone’s throwという作品群の中の1つである。彫刻家であった祖母がこの世を去り、ちょっとしてから彼女の工房を訪れ、まだ製作途中の石を持ち帰ったのだが、その未完成の姿は、自然物と彫刻作品の間をさまよっている状態で、これらの石に触発されStone’s throwの作品作りを始めた。それらはペインティング、ドローイング、彫刻、楽曲、アーティストであるMary Simpsonと一緒に撮影した16mmフィルムにも及ぶ。このフィルム撮影時には、私たちが製作最中の音も録音したが、後からいらない事に気づき、最終的には音を含まないフィルム作品となった。しかし、音を鳴らすような動作は、観る側の脳に音を思い浮かばせることが出来るのである。そして、この時に録音された、猫や犬、撮影時の音(例えば、Maryの話声、私が石を叩く音、カメラの動作音、シンバルを弾いたりポンと叩いたりする音、石同士をカチカチ鳴らした音等)などのフィールドレコーディングに、エレキ・ギターの要素を加えたのが、本作「Striations」である。そのエレキ・ギター音は、祖母の工房の壁に貼ってあった彫刻家ヘンリー・ムーア氏のテキストを元にしており、その母音の構造により、どの音を鳴らすか、ということが決められている。2011年に、これらのフィルムと音作品の両方がニューヨークのSculpture Centerで発表されたが、DistancePiece(音作品)のほうは美術館の外で鳴らされ、Striationsと名付けられたフィルム作品のほうは、建物の奥の暗いスペースで6分間のループ映像として、ひっそりと上映されました。」  ※ 映像はこちらでご覧になれます: www.inbetweennoise.com/works/striations/ Distance Piece was part of a body of work called Stone’s Throw, which was related to my grandmother’s death and in particular, a group of unfinished carved stones (my grandmother was a sculptor). The entire body of Stone’s Throw included paintings, drawings, sculpture, a sound piece, and a 16mm film shot with artist Mary Simpson. While we were filming, we also recorded all of our actions during the making of the film. When I began to edit the film, I realized that the sound was too much for the film, and I was interested in making a film about sound without any actual sound - although sound actions were a visible presence, inviting the audience to build the sound in their mind. The accompaing sound piece - Distance Piece - consisted of local elements: cars and birds, the actions during the filming – Mary speaking, myself tapping stones, the sounds of the camera, bowing a cymbal, tapping a cymbal,stones tapping together, etc. Distance Piece is essentially a series of processed field recordings with an added structured element in the form of electric guitar notes whose notes were determined by a score based on the vowel structure of a text, written by Henry Moore (the sculptor), that my grandmother had taped to her studio wall. In 2011, the film and sound were both presented at the Sculpture Center in Long Island, New York. Distance Piece was playing outside of the museum, while striations played silently in one of the dark underground spaces.Striations, the film, has a duration of 6 minutes and runs in a loop. The film unabashedly gleans inspiration from Dennis Oppenheim’s early films, Gary Beydler’s film hand held day, and an early film by Jess Collins that suggesteda victorian magic lantern show. Mastered by Chihei Hatakeyama.