Federico Durand & hofli “Niebla y jardines tomados por las plantas“(KK035)CD
59d72fda3210d56eb800360a 59d72fda3210d56eb800360a

Federico Durand & hofli “Niebla y jardines tomados por las plantas“(KK035)CD

¥2,160 税込

送料についてはこちら

PRE-ORDER NOW!! こちらの商品は10/24(tue)発送となります。 *ご予約商品と販売中の商品を一緒にご注文された場合は、ご予約された商品の発売日に同時発送となりますのでご注意下さい。 *If you order pre-order items with other items the CDs will be shipped together on the release date of the pre-order items. LISTEN: https://soundcloud.com/naturebliss-1/federico-durand-hofli-salvia アルゼンチンと日本の夢のような素晴らしいコラボレーション作。大人気のフェ デリコ・デュランドとstilllifeなどで大活躍のhofliこと津田貴司による数奇な夢 をベースにした「夜霧と、生い茂った植物の庭」の音楽。まるで掴むと消えてし まいそうな微かな眩い光の中で、時折小鳥がさえずり、アコギや子供の声がした かと思えば、さまざまな残響音が降り注ぎ、全ては夢の中。1+1= 0になったかの ような、初のコラボとは思えない究極な自然のかたち。本当に凄い作品です。 ◎ hofli(津田貴司)氏による作品概要 「フェデリコから、2017年春に来日するのでぜひ共演したい、というメールがあったのは、2016年秋だったと思う。ツアー会場で販売できるように限定コラボ作品もできるとい いね、ということも、その頃には話していたが、実際の作業に移ったのはツアーの打ち合わせも佳境となってきた2017年2月半ばだったと思う。この時はほんの二週間くらいで7 曲が完成した。基本的にはフィールドレコーディング音をお互いに送り合い、相手から来た音をもとに楽器を弾いたりプロセスしたりしてもう片方が仕上げる、という手法を取 っている。よく聴くとどちらがどの曲を担当したかわかるのだが、そこはあえて明らかにせず、全体を共作という形にまとめた。フェデリコとの関西ツアーでは、ジャケット絵 を描いてくれたfuuyamnのライブペイントとの共演(神戸・旧グッゲンハイム邸)も盛況のうちに終了し、奈良・日+月+星での公演も大好評で終えて、翌日はみんなでゆっく り奈良を散歩した。その後、神戸公演の制作を担当してくれた「ねこのて舎」のお二人と一緒に、伊賀の芭蕉ゆかりの史跡に案内してもらい、フェデリコは大きな感銘を受けた 様子だった。それからフェデリコは長い旅路を経てアルゼンチンに帰国し、パタゴニアの山小屋でのコンサートを開催した。作業の続きに着手したのは2017年5月くらいだろう か。このときも何度かやりとりを経てあっという間に追加の曲ができ、ミックスのやり直しも含めて全体のバランスを整えた。その音源をSPEKKのNAOさんに聴いていただき、 fuuyamnにジャケットの依頼をし、というのが経緯である。制作のときの不思議な話は、中ジャケットをおたのしみに。」 ● Federico Durand - http://federicodurand.blogspot.jp SPEKK からのファーストアルバム「La siesta del ciprés」が全世界で大ヒット。のち12K など世界中のレーベルから矢継ぎ 早に新作をリリースする傍ら、Optiope のTomoyoshi Date とのMelodia などアーティストとコラボレーションも活発に行 っている。電子音楽のようなサウンドでありながら、日常や山で採取したフィールド・レコーディングやギターなどの楽器 音をさりげなく取り込む、とても有機的なアプローチで作曲。アルゼンチンのアーティストに多く見受けられる、情調感を もった楽曲はここ日本でも人気が高く、その素朴な人柄同様、どこかキュートで優しい味わいが特徴である。 2014 年と 2017年にはジャパン・ツアーを成功させ、年を追うごとに全世界にて人気を確立している。アルゼンチン在住。 ● hofli - http://hoflisound.exblog.jp 90年代後半より、ソロ名義hofliとしてフィールドレコーディングに基づいた音楽活動を展開。津田貴司としてサウンド・ インスタレーションを発表するほか、ワークショップ「みみをすます」シリーズを継続。主なCD作品は『湿度計』『雑木 林と流星群』『十二ヶ月のフラジャイル』など。現在、2016年リリースした最新作『木漏れ日の消息』を音の展示として 発展させている。また笹島裕樹との「スティルライフ」、TAMARU、松本一哉とのトリオ「Les Trois Poires」、林香織との デュオ「星形の庭」などで精力的に演奏活動をしているほか、音楽批評・福島恵一とともにリスニングイベント「松籟夜話 」でナビゲーターを務める。東京在住。